ウィッグを着けてちょっぴり可愛く!

部分ウィッグ 

 

女子プロレスラーと聞くと筋肉が凄くて体型ががっちりしている、そして可愛くないイメージはあります。確かに体格はがっちりしているのですが、可愛くないのは思い込みだと思います。可愛い女子プロレスラーも多いと思います。私も可愛くなりたい派の一人なので、プライベートで外出する際には必ずウィッグを着けて行きます。通常の髪型はミディアムくらいなのですが、前髪があまりなく可愛くないです。

 

プライベートでは可愛い女の子になりたいので、可愛さをアップさせるウィッグは私にとって必需品の一つです。ウィッグも色々なバリエーションがあり、いつも洋服に合わせてウィッグも替えています。ウィッグはフルウィッグではなく、部分ウィッグを使っています。一度、ロングヘアーになりたくてフルウィッグを着けてみたのですが、頭がむさ苦しくなるので、私はあまり好きではなかったです。それからは、ずっと部分ウィッグを着けるようになりました。

 

部分ウィッグでも可愛い種類がいっぱいあり、テールウィッグや前髪ウィッグ、襟足ウィッグなど様々です。どれも試してみたかったので、とりあえずは可愛いなと思ったものを選んで購入していました。部分ウィッグはフルウィッグよりもコスパが良く、かなりリーズナブルでした。高くても2,000〜3,000円くらいで買えるものばかりだったので、部分ウィッグは購入しやすくおすすめです。

 

ただ、自分が可愛いなと思った部分ウィッグを選べば良いわけではありません。しっかりと自分に合うサイズやヘアカラーに合わせないと違和感が出てしまいます。例えば、部分ウィッグの中の「前髪ウィッグ」が欲しいなと思ったときに、前髪のサイズをしっかりと測っておかないと、前髪が変な印象になってしまいます。中途半端な位置に前髪ウィッグが着てしまうとヘアスタイルのバランしスが崩れて変な印象になってしまうことがあります。

 

それに、ヘアカラーを合わせないと本当に不自然な印象になってしまいます。若干の違いなら違和感なく仕上げることができますが、誰が見てもヘアカラーが違っていれば不自然に感じますし、ウィッグを着けているとすぐバレてしまいます。そう言ったことがないように、ウィッグのカラーとウィッグサイズはしっかりと自分に合わせるようにしましょう。

 

 

iライン処理はしっかり対策!

iライン処理 

 

私自身、親の遺伝で体の至るところの体毛が濃いです。その濃い体毛のせいで少年時代はいつもコンプレックスを感じてしまいました。剃っても剃っても次から次へと体毛が濃くなって生えてくる。それの繰り返しです。20代を超えたころからコンプレックスはそれほど強く感じることはなくなりました。女子プロになってキズが増えると体毛も徐々に薄くなって、生えてこない部分も現れました。それがあってか、気にしないようになったのでよかったと言えばよかったです。

 

でも、iラインの処理はしっかりと対策しなければいけません。iラインは基本的に毎回擦らない部分なので、薄くなったり毛が生えてこなくなったりすることはありません。濃いままです!他の方の毛の量がどうなのかはわかりませんが、私の場合はかなりの範囲にデリケートゾーンのヘアーが生えています。だから、下着から高確率ではみ出してしまいます。試合中でもはみ出てしまうことがあるので、iライン処理はしっかりと対策しないといけないのです。

 

私の場合はiライン処理にはiラインシェーバーを使っていつも処理しています。Vライン用のシェーバーも中にはありますが、Vライン用のシェーバーはヒートカッターを採用しているものが多く、根元までごっそりと剃れません。なので、根元まで深く剃りたい方はiラインシェーバーを使った方がおすすめです。

 

値段もメーカーものや無メーカーによっても変わってきます。無メーカーのものは基本的に安価ですが、ちょっと使いにくい感じがするのであまりおすすめできません。iラインと非常にデリケートな部分に使う訳ですから、使いやすくて安全なものが理想的です。値段も2,000円〜4,000円くらいのものが妥当な感じです。質が良くて安いに越した事はありませんが、安すぎると質はあまり良くないものが多いです。(体感的に感じました)

 

デリケートゾーンは皮ふも非常にデリケートなため、シェーバーで剃るにも皮ふに負担がかかってしまいます。シミの原因にも繋がってしまいますので、安全面が良いiラインシェーバーを使うことをおすすめします。

 

 

筋肉増強はプロテインですが、筋肉サプリも大事!

筋肉サプリ 

 

筋肉量を維持するためには筋トレは必要不可欠です。筋トレを怠ってしまうとすぐに筋肉が脂肪に戻ってしまうため、1日置きや2日置きには筋トレをしたほうが良いです。筋肉も超回復で休むことも大切です。そのため、毎日やるのではなく、1日置きや2日置きでトレーニングを行った方が効率はアップします。それに加えて大切なのが「栄養」です。

 

筋トレ前や筋トレ中、そして筋トレ後に栄養を摂ることで、栄養を筋肉へ届けてくれて効率よく筋肉増強を目指せれます。多くの方が知っているのは筋トレ後にプロテインを摂って筋肉量をアップさせることだと思います。筋肉をより強靭にするにはプロテインに含まれるたんぱく質は大事な栄養素です。でも、その前に欠かせないものもあります。

 

それは「筋肉サプリ」です。筋肉サプリも豊富なたんぱく質を含んでいて、その中でもHMBと言われる必須アミノ酸であるロイシンから作られる代謝物質が魅力的です。このHMBを必要摂取量とることで、筋肉を効率よくアップさせることができます。プロテインとあわせて使えばその効果は期待大です。アメリカではHMB愛用者が多く、人気を集めている成分です。

 

筋肉サプリとプロテインの違いといえば、筋肉サプリは筋トレ前や筋トレ中、そして筋トレ後に使用することができる栄養素が詰まっています。筋トレ前に摂ると「筋肉をアップするぞ!」とやる気スイッチを入れてくれる効果があり、筋トレ中に摂ると筋肉の疲れを和らげる作用を発揮してくれます。

 

プロテインは基本的に筋肉量を増加してくれるものなので、筋トレ後に飲むことが多いです。理想的な筋肉アップ方法は筋肉を作り出すやる気スイッチを筋肉サプリを摂って始め、筋トレ後に筋肉を効率よくアップするためにプロテインを飲む!これがベストな方法だと思います。

 

筋肉は一朝一夕では強くなってくれません。その人の頑張り次第で強くも弱くもなります。短期間で筋肉を付けたい方ならプロテインはもちろんのこと、筋肉サプリも一緒に摂って効率よく筋肉をアップさせましょう!